SMAについて

SMAとは

脊髄性筋萎縮症(SMA)は、筋肉を動かす指令を出す運動神経細胞が変化したり、消失していくことでさまざまな症状があらわれる病気です。
SMAを有する患者さんの割合は10万人に1人といわれています。

  • ※ 伊藤万由里ほか: 東女医大誌. 83, E52, 2013.
SMAの原因

SMAを持つ患者さんのほとんどは、SMN1遺伝子を持っていないか変化しているために起こります。SMN1遺伝子は運動神経の生存や機能維持に必要なSMNタンパク質をつくっています。
SMN遺伝子(運動神経生存遺伝子)にはSMN1遺伝子とSMN2遺伝子があり、通常はSMN1遺伝子がメイン遺伝子として十分な量のSMNタンパク質をつくりますが、SMN1遺伝子に何らかの問題があった場合、SMNタンパク質がつくられなくなります。SMN2遺伝子にもSMNタンパク質をつくる機能がありますが、正常にはたらくSMNタンパク質を少ししかつくることができず、運動神経を維持するのに十分な量ではありません。


SMNタンパク質が不足すると、運動神経のはたらきを維持できなくなり、筋緊張低下、筋力低下や筋肉がやせ細る(筋萎縮)といった筋肉の変化があらわれます。
重症例では支えなしに座ることができず、哺乳困難、嚥下困難、誤嚥、呼吸不全をともないます。
その結果、90%以上が生後20ヵ月までに亡くなってしまうか、もしくは人工呼吸器による呼吸管理が必要な状態になります。

  • ※ Finkel RS. et al.: Neurology. 83(9), 810, 2014.
SMAでない方とSMA患者さんのSMN遺伝子と運動神経細胞(イメージ図)
SMAでない方とSMA患者さんのSMN遺伝子と運動神経細胞(イメージ図)

SMAは遺伝子の疾患です。
父親と母親が欠失または変化したSMN1遺伝子を持っている場合、そのお子さんは1/4(25%)の確率でSMAを発症します。父親または母親から受け継いだSMN1遺伝子のうちどちらか1つだけ欠失または変化している場合、SMAは発症せず、欠失または変化したSMN1遺伝子を有する「保因者」となります。保因者は一生涯SMAを発症することはありません。

欠失または変化したSMN1遺伝子を両親から1つずつ受け継いだ子どもにSMAが発症
欠失または変化したSMN1遺伝子を両親から1つずつ受け継いだ子どもにSMAが発症
SMAのタイプ別症状

SMAは「発症する時期」、「最終的に到達できる最も高い運動機能」によって4つのタイプに分けられます。

SMAの4つのタイプ
スワイプして下さい
タイプ 発症の時期 到達できる最も高い運動機能
Ⅰ型 生後0 ~ 6ヵ月

「支えなしで座る」ことができない

Ⅰ型
Ⅱ型 生後7 ~ 18ヵ月

「支えなしで座る」ことはできるが、
「自力で立つ」ことはできない

Ⅱ型
Ⅲ型 生後18ヵ月以降

「ひとりで歩く」ことができる
(次第に歩けなくなることがある)

Ⅲ型
Ⅳ型 成人(20歳以上)

「ひとりで歩く」ことができる
(症状の進行はゆっくりである)

Ⅳ型

SMA未治療の自然経過では、病態進行のパターンとして、大きく以下の3種類に分かれます。
Ⅰ~Ⅳ型で発症パターンが異なり、それぞれ下記のパターンがよく見られます。
Ⅰ型SMA:①②、Ⅱ型、Ⅲ型SMA:②③、Ⅳ型SMA:③

  • ※ 個人差がありこの限りではありません
病態進行のパターン(イメージ図)
病態進行のパターン(イメージ図)①早期から症状が顕著で運動機能が発達しないケース ②運動機能の発達が遅く、あらたな運動機能発達があまりみられないケース ③ある程度まで運動機能は発達するが、その後運動機能が喪失していくケース
Kaneko K. et al.: Brain Dev. 39(9), 763, 2017.より改変
Ⅰ型SMA

SMAの約50%を占めるⅠ型SMAは生後0~6ヵ月、多くは3ヵ月未満で発症します。
以下のような特徴的な症状がみられます。

  • リンクをクリックすると、症状イメージをイラストまたはアニメーションでご覧いただけます(ポップアップが開きます)。
  • ※フロッピーインファントのみ、該当の説明ページへ遷移します。
  • 筋緊張低下のため、体がやわらかく、ぐにゃぐにゃしているように感じる症状(フロッピーインファント)がみられる
    • あおむけで寝かせると“カエルの足”のように足がベタっと床についている(蛙足肢位
    • 引き起こすと、頭がうしろに垂れ下がったままである(引き起こし反応
    • 首に手がスカーフのように巻き付いてしまう(スカーフ徴候
    • 上半身と下半身がぴったりついてしまうほど、からだがやわらかい(二つ折れ現象
    • あおむけに寝かせて、かかとを耳につけようとすると簡単にできてしまう(踵耳徴候
    • 両脇に手を入れて持ち上げると、肩と腕が持ち上がりすべり落ちそうになる(弛緩肩
    • うつぶせの状態で抱き上げると、逆U字型にだらりとする(逆U字姿勢
  • くびがすわる(頚定)、寝返りを打つなどの運動機能発達がみられない
  • 泣き声が弱い
  • 母乳やミルクを吸う力が弱い
  • 息を吸うときに胸がくぼみ、息を吐くときにお腹がへこむ(シーソー呼吸
  • 舌に細かいふるえがみられる(舌の線維束性収縮
  • 血清クレアチンキナーゼ(CK)値が正常上限の10倍以下
Ⅱ型SMA

II型SMAは、生後7~18ヵ月で発症します。
患者さん一人ひとりで症状の程度は異なりますが、以下のような症状がみられます。

  • 「ひとり座り」はできるが「ひとりで立つ」ことができない
  • 手足の動きが少なく、力が弱い
  • 食べ物や飲み物を飲み込む力が弱いこともある
  • 手指、舌に細かなふるえがみられる
  • 成長とともに、膝、股、肘、手首の関節の動きに制限がみられ、背骨の変形もみられる
  • 座った姿勢で背中が丸い
  • 呼吸不全を合併することもある
Ⅲ型SMA

Ⅲ型SMAは比較的軽症で、生後18ヵ月以降に発症しますが、発症年齢には個人差があります。
また、症状も患者さんによってさまざまですが、以下のような症状がみられます。

  • 発症時期に個人差が大きい
  • 「ひとり歩き」はできるが、次第に歩けなくなることがある
  • 転びやすい
  • 階段の上り下りができない、または手すりが必要となる
  • 手指に細かなふるえがみられる
  • 思春期前に歩けなくなった方は背骨の変形が生じやすい
Ⅳ型SMA

Ⅳ型SMAは20歳以上で発症し、小児期に発症するⅠ~Ⅲ型のSMAと比べて進行が非常にゆっくりです。
SMN1遺伝子に変化が認められる方は約1割であり、発症部位、経過もさまざまです。
以下のような症状がみられます。

  • 両足の筋肉の力が弱まる
  • 筋肉がやせ細ったり、筋肉のぴくつきがあらわれる
  • 寝た状態から立ち上がるとき、手で支えないと立ち上がれない
  • 階段の上り下りに手すりが必要となる
  • 今まで手で持ちあげていたものを持ち上げられなくなる
  • 症状の進行は小児型(Ⅰ~Ⅲ型)と比べるとゆっくりである
SMA患者さんの症状の特徴

SMA患者さんは、筋肉の力が弱まるため、からだがやわらかく、ぐにゃぐにゃしているような特徴がみられます。

乳幼児期に発症するSMAでみられる症状や状態
  • 筋緊張低下、筋力低下や筋肉がやせ細る(筋萎縮)
    • 手足の筋力は左右同じように低下がみられる
    • 一般的に上肢よりも下肢の動きが悪い
    • 足が冷たい
    • からだを支える筋力も弱い
    • からだがやわらかい
    • 体重が増えない(増加不良)
  • 呼吸障害
  • 泣き声が弱い
  • ミルクの飲みが悪い(飲み込む力が弱い)
  • よくむせる、痰がからむ
  • モロー反射(抱きつき反射)がない
  • 聴力、視覚に異常は認められない
  • 知能は正常である

一般的な乳幼児の運動到達月齢とⅠ型SMA患者さんの各症状の発症時期もご参考にしてください。

Ⅰ型SMA患者さんの症状

お子さんの成長を見守るなかで、下記のような症状がある場合は、SMAの可能性があります。

  • ※ 下記の症状は診断に代わるものではありません。気になる症状がある場合は医師または医療従事者へ相談してください。
一般的な乳幼児の運動到達月齢とⅠ型SMA患者さんの各症状の発症時期
  • *再生マークがついている症状は、イラストをクリックすると動きをご確認いただけます。
一般的な乳幼児の運動到達月齢とⅠ型SMA患者さんの各症状の発症時期

厚生労働省 平成22年乳幼児身体発育調査において9割以上の乳幼児が達成した月年齢とした。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000042861.html(厚生労働省ホームページ)

乳幼児期に発症するSMAでみられる症状や状態もご参考にしてください。

SMAは進行性の疾患です。早い段階で症状に気付き、適切な診断のもと治療を行うことが重要です。気になる症状がある場合はすぐに医師または医療従事者へ相談することをお勧めします。


SMAの診断

SMAを疑う症状として、筋緊張低下、筋力低下や筋肉がやせ細る(筋萎縮)症状がありますが、これらの症状はSMA以外の神経や筋肉の病気にもみられます。筋力低下や筋萎縮の原因を確かめるために、さまざまな検査を行いますが、SMAの確定診断は遺伝学的検査 が最も有用です
SMAは早期診断・早期治療が重要ですので、SMAを疑う症状があった場合は、なるべく早く遺伝学的検査を行うことをお勧めします。

  • ※ SMAが疑われる場合に行われる遺伝学的検査は保険適応となります。

SMAの診断の流れ
SMAの診断の流れ

筋肉の力が弱まるため、からだがやわらかく、ぐにゃぐにゃしているように感じる状態の乳児